竹富島 さぷな家

ホーム

★さぷな家は新館クラブルーム、ロングスティルームのみの営業で4月24日より開業いたしております。

_____お知らせ___

さぷな家旧館(コテージ、DLXルーム、スモールプール)は平成26年2月10日をもちまして営業を終了させて頂く事になりました。長年のご愛顧誠に有難うございました。トリップアドバイザーに投稿を頂いております写真等に現在の内容と若干誤りがありますので徐々に修正をさせて頂きます。__http://www.tripadvisor.jp/Hotels-g424930-c3- 左記をコピーされてご検索願います。

__________________________________

さぷな家別館(クラブルーム、ロングスティルーム、CAFE・CASA・NU・PA、スタッフルーム)のご案内

さぷな家別館はクラブルーム、ロングスティルーム、カフェ、スタッフルーム、予備ルームから構成しております。クラブルームなどのチェックインはCAFEカサヌパで行います。また、便宜上常時スタッフが常駐しております。

__________________________

竹富島 さぷな家
竹富島は日本最南端の八重山諸島にある小さなサンゴ礁の島である。さぷな家は島に遊びに来る友人を想定して作った小さな家で、何もかも揃っている宿でない。これ位がこの島には程よいと設計をした。食事(朝食)などもそう思って出している。旅先の程よい空間は大切だ。自分が求める旅先の程よさ、私の座右とする旅物の著書の中にも度々登場する。その著者の吉田健一、高峰秀子、高倉健、村上春樹、谷崎潤一郎・・に共通する事はもう一つある。著作は旅の案内ではないと言うことだ。それでいてこれ以上の旅先に引き込まれる著書はない。全てが素晴らしい感性で書かれているからだ。この著者は共通する感性を持っている。冒険やロマンを求める人一倍強い感性だ。
八重山諸島の旅は自然を満喫して欲しい。程よい空間に自分を置いて夢を見て欲しい。決して評価を目的に旅等をして欲しくない、そう願っております。宿や人の作った観光施設は全てオマケと考えて頂ければ、いっそう楽しい旅が出来る事をお約束します。

———————-

Copyright (C) 2000-2007 sapunaya-taketomi. All Rights Reserved.